2015年3月26日木曜日

WSF会場はこんな感じです

25日から本格的に始まったWSF。今朝も、メトロでエル・マナール大学へ向かいました。今回のWSFは、エル・マナール大学の二つのキャンパスを使って、開催されています。FST(理学部)とFSEGT(経済・経営学部)です。



24日が大雨だったせいもあるのか、まだテント等の設営が終わっていない様子でした。会場地図が配布されていなくて、広いキャンパスに数枚の地図が貼られているだけなので、参加したいワークショップの会場を探すのも一苦労です。FSEGTのMini Amph 146を探したのですが、何人ものボランティア学生に聞きまくって、ようやく探し当てた(最後のボランティア学生が親切にもドアの前まで案内してくれた。ありがとう!)時には、開会予定時刻を1時間半も過ぎていました。ところが、参加者が集まらず、実際に始まったのは開会予定時刻の1時間後だったことがわかり、やはり会場を見つけるのに誰もが苦労しているのかな、と思いました。

このワークショップの報告はまた後ほどするとして、演壇横にはエリック・トゥーサンがどんと控えていました。

ワークショップが終わり、会場をぶらっと一回りしてみました。あちこちに本やパンフレット、チラシなどを置いたテントや露店のブースが点在し、定番の土産物屋さんも店を出しています。



広場で一人演説している人もいれば、旗や横幕を出してデモしている団体もいます。かなりの人数が入っていて、人混みがすごい!


会場内で交通事故も目撃しました。目の前でセキュリティの車に轢かれた人がいて、怪我はなさそうでしたが、かなりもめてました。各所のフードコートには、お昼時とあって多くの人がサンドイッチやジュースを口にしていました。

1 件のコメント:

  1. Nearly all treatment-seekers considered it unrealistic to expect folks with a playing drawback have the ability to|to have the ability to} self-regulate their playing. They advocated for improved operator practices, including affordability checks, imposed betting limits, timers on betting web sites, and a dashboard summarising betting transactions. Some treatment-seekers also thought that operators ought to proactively monitor for dangerous playing behaviours, intervene to examine on the customer’s welfare, and exclude them if necessary. Both treatment- and non-treatment-seekers noted the elevated velocity and ease of online playing, which now enables immediate access from wherever at any time and elevated their playing 1xbet alternatives. Many treatment- and non-treatment-seekers have been conscious of the huge range of lately launched wager sorts, particularly multi-bets.

    返信削除