2015年3月24日火曜日

いよいよWSF開始へ

23日、チュニスに着きました。チュニス行のドバイからの飛行機は、ほぼ満席でした。日本からの参加者4人が同じ便でしたが、「WSF参加者」指定のレーンに並んだ人の入国に結構手間取り(少しは警戒レベルをあげているからでしょうか?)、ホテルに着いたのは着陸後2時間経ってから。ユーロからチュニジア・ディナールへの両替レートは、ほぼ1ユーロ=2ディナール。したがって1ディナール=70円という見当です。

私たちのホテルは普通のビジネスホテルという感じ。無料のWIFIはそんなに速くはないですが、何とか実用に耐えるレベルです。目抜き通りのブルギバ通りに面していて、便利なところにあります。

チュニス市内は、タクシーの窓越しとホテル周辺だけの感想ですが、特に緊張感は感じられませんでした。ところどころにWSFのポスターや横断幕が見られます。すでにブログにもアップされていたように、ブルギバ通りの広い中央分離帯にWSFのテントが設けられ、個人登録の受付をしていました。そこで教えてもらった団体登録受付の事務所に行き、ATTAC Japanとしての登録料支払いを済ませ、バッグ・プログラム・カード・ひも・ポスターなどのWSF「七つ道具」を受け取りました。

この際、ちょっと面食らったのは、登録料の金額です。日本は当然「北」に属すると思い、150ユーロ支払うつもりだったのですが、担当者が笑いながら「日本はアジアだから、「南」の登録料だ」と主張し、結局半分の75ユーロで済んでしまいました。

現地時間18時過ぎから、日本からの参加者7人で食事をしながら打ち合わせ。ちょっと裏通りに入ったレストランで、WSFのバッグを肩からかけた人たちも食事していました。「羊の頭」なる料理も賞味しました。残念ながらアルコール類は置いておらず、ビールなどを飲ませてくれるのはアルコール専用のバーに行く必要があるとのことでした、7人で26ディナール(1800円強、飲み物込み)。

さらに19時には2人が合流し、別のレストランに移動してさらに打ち合わせをしました。先着していた方のお勧めでレモンジュースを飲みましたが、美味しかったです。

24日は、午前中は会場の下見、会合への参加、skype中継のテスト、青年・女性の集会への参加など、参加者各自で行動し、午後にホテルに集合してオープニングマーチに加わります。
オープニングマーチは、16時出発でバルドー博物館が解散地点です、いよいよWSF2015が開始されます。

ATTAC関西
寺本 勉

1 件のコメント:

  1. BetMGM Casino, Wynn Bet, and Bet Rivers are some of the the} bigger names when it comes to of|in relation to} on-line casinos. Don’t neglect that even in states where on-line playing is legal, the laws would look completely different from state to state. It is, therefore, 토토사이트 important to acquaint yourself with state laws in your jurisdiction earlier than going forward.

    返信削除